名古屋コーチン

名古屋コーチン、天むす、しるこサンドの3つ

名古屋コーチン

名古屋の食文化というと、赤味噌、喫茶店のモーニング、
エビフリャー(エビフライ)あたりが全国的なイメージでしょうか。

 

どこの地域でも同じでしょうが、地元の者に言わせれば
「もっと美味しいものが他にもあるよ」と返事がかえってきます。

 

最近でこそ「名古屋メシ」なる名で認知され始めましたが、
手羽先、味噌カツ、ひつまぶし、等を中心に紹介されています。

 

これらも大変美味しいですし、名古屋にお越しの際は
是非味わって頂きたいのですが、私のオススメは他にもあります。

 

それは名古屋コーチン、天むす、しるこサンドの3つです。

 

まず、名古屋コーチン

 

これは地鶏なのですが、お肉も卵も非常に濃厚で旨味が凝縮された絶品の鶏です。

 

焼き鳥でも美味しいですし、親子丼になればその味は
味噌カツやひつまぶしにも引けを取りません。

 

一番のオススメです。

 

次に天むす

 

おにぎりの具がエビ天になったものです。

 

シンプルですが、エビの尾が飛び出した姿も面白いですし
軽目に食べたい時にオススメです。

 

お帰りの際の車内等で召し上がるのにピッタリですよ。

 

最後はしるこサンドです。

 

これはサンドウィッチではなくお菓子です。

 

乾パンに乾燥させた甘じょっぱい餡が挟まれたもので、
癖になる味となってます。

 

コーヒーのお供に丁度いいお菓子で、
これこそ地元の隠れた銘菓だと思います。

 

コンビニ、スーパー等でお買い求め頂けますので
自分用のお土産にオススメです。

 

まだまだ美味しいご飯はたくさんありますが、
私が特に推したいメニューは以上です。